税務・経理

印刷用ページ

税務申告や経理にも御役に立っています。

 

l  税理士への無料相談も行っています。

l  商工会では皆様のお悩みに対し帳簿のつけ方から、決算申告の仕方まで適切なアドバイスを行っています。

l  また、決算・申告期等には税理士が皆様の相談員として無料の税務相談に応じています。

 

いつでもお気軽にご相談下さい。

目次

税務・経理. 1

目次. 1

コンピュータによる記帳代行. 1

●二通りのサポート (@記帳代行指導、A自計指導). 1

安心・楽々な経理システム「ネットde記帳」. 2

●商工会が丁寧にサポート!. 3

●データバックアップやインストールが不要!. 3

●不動産・農業にも対応!. 3

記帳から決算・申告までの一貫した指導. 3

●記帳は経営の道しるべです。. 4

●記帳指導のご案内. 4

●決算指導、経営分析指導. 5

国税庁. 5

 

コンピュータによる記帳代行

 

小規模事業者の記帳事務の省力化、計数管理に基づく的確な経営指導を目的に記帳のコンピュータ化を進めています。所定の用紙に毎日の取引をご記入のうえ、1ケ月ごとにまとめて商工会へご提出いただくだけで、元帳作成など面倒な記帳業務をみなさまに代わってスピーディに処理します。更に分析した経営データを毎月、お届けいたします。経営の近代化に幅広くお役立てください。

 

●二通りのサポート (@記帳代行指導、A自計指導)

 

商工会では、ネットde記帳等の経理ソフトを活用して、会員の皆様の経理業務の効率化をお手伝いしており、大きく分けて二通りのサポートを行っています。

@  記帳代行指導

「経理担当が辞めてしまって困っている」「忙しくて中々経理業務に手が回らない」など、様々な事情によりお困りの場合、商工会が皆様の記帳を代わりにお手伝いします。原則として有料となりますので、詳しくは商工会までお問合せください。

A  自計指導

経理ソフトを利用してご自身で経理業務を行えるよう、ソフトの導入、操作方法や決算、税務関係の支援を行っています。ネットde記帳なら商工会業務でも使用されていますので、安心してご利用いただけます。

 

 

安心・楽々な経理システム「ネットde記帳」

 

 

 

「ネットで記帳」は商工会推奨の経理ソフトで【インターネットを利用した経理システム】です。伝票入力や決算、各種申告書が「いつでも」「どこでも」「誰にでも」簡単に行えます。……

 

 

●商工会が丁寧にサポート!

操作方法から、記帳・経理の指導まで、わからないことや不安なことは、なんでもご相談下さい。

●データバックアップやインストールが不要!

すべてのプログラムやデータは商工会のサーバーで一元的に管理していますので、利用者のパソコンでトラブルがあった場合も、データが消失する心配がありません。また、ASPサービスなので、ソフトのインストールやバージョンアップといった作業は一切発生しません。インターネットを活用したネットde記帳を、貴社の業務効率化に是非、お役立てください。

●不動産・農業にも対応!

商工業だけではなく、建設業や不動産業、農業にも対応しています。勘定科目や仕訳など、業種の違いもしっかりカバー。どなたにも使いやすいシステムです。

その他、詳細は「インターネットで楽々経理!ネットde記帳」をご覧ください。

 

記帳から決算・申告までの一貫した指導

 

決算や申告期 には、税理士が専門の相談員として、無料の税務相談に応じています。

 

全国の商工会では、経営改善普及事業の一環として、税務及び経理に関する相談及び指導を行っています。青色申告制度、税金の各種控除などみなさまのお悩みに対し、様々な面で適切なアドバイスを行っており、財務状況の把握と改善、適正納税及び節税のお役に立てるよう様々な内容で皆様の経営をサポートしています。

 

記帳は経営の道しるべです。記帳することによって事業内容を計数的に把握し、過去の事業内容を検討することが可能になります。また、記帳することは……

 

●記帳は経営の道しるべです。

記帳することによって事業内容を計数的に把握し、過去の事業内容を検討することが可能になります。また、記帳することは期間の損益を計算し、事業所の財産を明らかにする2つの大きな目的もあります。正しい記帳により自企業の経営内容を正確に把握することは、経営方針を定める上で不可欠です。また、税法を正しく理解し、節税に務めることは税務の基本です。本所では、市内税理士等の協力のもと青色申告の手続きから記帳、決算、節税対策まで一貫した税務、経理相談指導を行っています。

お気軽にご相談下さい。

記帳指導のご案内

商工会では、「帳簿の付け方がわからない」「仕訳に自信がない」「経費区分がわからない」など、経理事務に不安のある方に対し、記帳・簿記に関する指導を行っています。経理に関する疑問・質問がありましたら、商工会までお問合せください。

また、簿記講習会や経理ソフト講習会など、商工会会員の皆様を対象とした各種研修会を開催している商工会もありますので、最寄の商工会までお問合せください。

l  帳簿のつけ方がわからない?

l  科目がわからない?

l  決算の時期がきたけれどどうしたらよいか?

l  節税の方法が知りたい。

l  税金の計算がわからない。

などお気軽にご相談下さい。

記帳をした場合の利点

その他

青色申告による特典が生かされます。

税金に強くなるための知識を知りたい時

融資をうける場合の信用が高まります。

申告の仕方について知りたい時

経営の合理化に役立つ指標となります。

節税対策について知りたい時

計数管理が可能になり、事業内容を明らかにできます。

その他税金についてのご相談

 

決算指導、経営分析指導

商工会では、会員の皆様の決算に関する様々な指導を行っています。決算書の書き方や計算方法など、わからないことがあった時は商工会までご相談ください。

また、決算をもとにご自分で消費税の申告や所得税申告をされる事業者さんのために、決算・申告時期には、商工会において税理士の先生が相談に応じています。詳しくは商工会までお問合せください。

 

国税庁

 

国税庁

国税庁:http://www.nta.go.jp/

国税庁は、内国税の賦課徴収を担当する行政機関であり、昭和24年に設置されました。

国税庁には、国税庁本庁のほか、全国に11の国税局、沖縄国税事務所、524の税務署が設置されています。

国税庁本庁は、税務行政の執行に関する企画・立案等を行い、国税局(沖縄国税事務所を含む。以下同じ。)と税務署の事務を指導監督しています。

国税局は、国税庁の指導監督を受け、管轄区域内の税務署の賦課徴収事務について指導監督を行うとともに、大規模納税者等について、自らも賦課徴収を行う行政機関です。

税務署は、国税庁や国税局の指導監督の下に、国税の賦課徴収を行う第一線の執行機関であり、納税者と最も密接なつながりを持つ行政機関です。

以上のほか、税務職員の教育機関である税務大学校、また、特別の機関として、納税者の不服申立ての審査に当たる国税不服審判所があります。